ぶっちゃけ、ギャンブルで借金した時点で「人生詰みです」

ギャンブル

どうも、元ギャンブルにハマり100万円以上の借金をしていた負け組です。
今はブロガーとして活動しており、ギャンブル依存から脱却しました。
本記事はギャンブルで借金を抱えている人向けになります。

 

  • 【本記事におすすめな人】
  • ギャンブルは人生詰みの始まりである
  • 借金をしたきっかけ
  • キャッシング枠は貯金
  • 10万円という大金がその日になくなった
  • 借金をし続けてギャンブルをした理由

 

借金をしていても債務整理などをすれば人生勝ち組になれるのでぜひ自分と見比べて読んでください♪

 

ギャンブルでの借金は人生詰みの始まりです。

皆さんは借金をしたことがありますか?

 

ほとんどの方が借金をしたことがあるとおもいます。

 

例えば、

  • 携帯の分割払い
  • ネットでのクレカ払い
  • キャリア決済でお買い物

などもいってしまえば借金です。

 

しかし、ギャンブルでの借金とはまた別物です。

 

いってしまえば、

「ギャンブルでの借金は人生詰みの始まりです」

 

 

毎日、返済ができるかを不安に感じながらもギャンブルを辞めれずに一生お金を溶かす日々。

誰が見ても負け組です。

 

では、以下の項目について順番にお話していきます。

  1. 借金をした理由
  2. キャッシング枠について
  3. 10万円を借りてその日に溶かす
  4. それでも借金をしてギャンブルをしていた理由

についてお話します。

 

※全て実体験です。

なぜ、借金をするようになったのか?

ギャンブルをはじめて借金をするようになったのは6年目くらいです。

 

逆にいえば、6年間は借金もせずに給料だけでやりくりできていたわけなのです。

(すごくはないですけど今思えばよくやれてたなと・・・笑)

 

借金をするようになった理由はたった一つです。

「ギャンブルするお金が財布にない」

からです。

 

「じゃあ、ギャンブルしなければいいんじゃない?」

と思った人がいるかと思います。

 

NO!

 

ギャンブル依存症のパチンカスにとって「ギャンブル=日常」なのです。

 

キャッシング枠=貯金と思っていた思考

私がハマっていたギャンブルは「パチンコ」、「スロット」でした。

で、パチ屋で遊戯をするためにはもちろん現金が必要になります。

 

てっとり早く現金を借りる方法は「クレジットカードのキャッシング枠」です。

 

クレジットカードには主に2つの機能があります。

 

  • ショッピング枠(お買い物などで利用)
  • キャッシング枠(現金を引き出す)

 

このキャッシング枠ですが無限にお金を借りれるというわけではないのです。

 

上限を超えないように限度額があります。

 

この限度額については「貸金業法の総量規制に従い、借り入れ総額が年収の3分の1を超えないように」と設定されています。

 

年収300万円の人であれば100万円までしか借り入れすることができません。

また、複数から借り入れしている場合でも「合計金額」で算出されるのでクレジットカードをいっぱい持ってるからキャッシング枠が増えるというわけではありません。

 

で、私はこのキャッシング枠を「貯金」と思っていました。

 

今、パチンコ依存症になって借金をしている人の多くはこの思考になっています。

 

例えば、長い年月をかけて返済をしてクレジットカードのキャッシング枠を見ると「20万円」となっているのです。

 

この「20万円=貯金」と勘違いしていたのですね。

 

10万円を借りてその日に10万円がなくなった現実

ありえない話ですが現実です。

元をいえば、その前日にも10万円なくなっているので実質2日で20万円です。

10万円を借りてその日になくなるっていう経験って世の中探せばいっぱいあると思います。

 

でも、私はあまりにもショックすぎて立ち直ることができませんでした。

 

といいつつも、翌日にまた借金をしてパチ屋にいってしまったゴミカスなんですけどね。。。

 

なぜ、借金をし続けてギャンブルをしていたの?

これは単純に「借金をしてもギャンブルで勝てばいい」と思っていたからです。

 

ほぼ全てのギャンブル依存症のパチンカスはこの思考回路になっています。

 

  • 借金をしても勝てばいい
  • 負けることを考えて打ちに行くバカがいるか(猪木名言)
  • 10万円くらいなら1日で余裕で回収できる
  • 俺よりもっと悲惨なやつがいるから大丈夫(イミフ)

 

普通の思考回路ではありえないのですがギャンブル依存は病気なのでなにかと理由をつけて借金をしてギャンブルをするのです。

 

風邪を引いたらカラダを休めて必要あらば薬を飲むというのが普通ですよね。

 

ギャンブル依存は本人が気づけないことが多いので対処することもできない場合が多いのです。

 

まとめ:「人生負け組ならあとは這い上がって勝ち組になるだけ」

「好きの反対は嫌い」という言葉があるように

人生負け組であるのであれば勝ち組になればいいだけです。

 

はっきりいって、

ギャンブルをしている時点で負け組です。

 

あんなに無駄なことはありません。

 

ただ、お金を失うのに時間を浪費しているだけ。

 

しかも、その上借金なんてしてしまえば人生負け組の詰みです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました